マザーコンシェルジュ

70兆円市場・新社会保障サービス

セカンドライフに最適!新しいフランチャイズシステム

マザーコンシェルジュのフランチャイズでは、見守りネットワークを利用した「高齢者や児童の見守り」「生活支援」「医療・健康サービス」のノウハウを提供いたします。その研修・運営プログラムはマニュアル化されているため、誰にでも安定して事業を行うことができます。
このサービスが地域に根付けば、固定客も多くつき、末長く加盟店オーナー様の将来の繁栄につながるのです。

「独自サービスにアレンジしてもよし!」「2 店舗、3 店舗を目指してもよし!」オーナー様の裁量でビジネスモデルを進化させてください。
そのためにオーナー様は、「投資資金は抑えて、工夫をこらし、汗をかいて、売上を上げること」これだけを考えてください。そして地域のお客様を支えて末長いコミュニティビジネスを構築してください。

これからの時代の成功は「最小限のリスク」と「最大限のアイディア」です。考え抜いたマザーコンシェルジュのフランチャイズによって、本気で頑張ろうと考えているオーナー様を応援致します。

 

small company but big network

見守りシステム

見守りシステムは、スマートフォンやタブレットに内蔵された「見守りアプリ」と「訪問サポート」を連動させた新しい生活支援システムです。

フランチャイズ加盟店のオーナー様は、このシステムを使い自分の描くビジネスモデルを早期に実現できます。
清掃、洗濯、調理補助、買物などの家事支援サービスに専念してもいいですし、高齢者やお子様の見守りサービスを行うこともできます。地域の医療や介護事業者様は、在宅の患者様との連絡ツールとして使うこともできます。

また小学校や学習塾では、見守りシステムで生徒や子供たちとを結び、学習や学級だよりなどの回覧板を送る連絡ツールとしてもご利用頂けます。

加盟店オーナー様のアイディアで、様々な便利で楽しい生活支援サービスが実現できます。

高速インターネット通信網

見守りネットワークの優位点

パートナー(加盟店)様へ

見守りシステムの販売をお願いいたします。
それは加盟店様と地域のお客様を結ぶ大切なネットワークづくり。
そしてサービス拡張を可能にする私たちに優位点です。
私たちしか出来ない新社会保障サービスの礎なのです。


ここが違う!マザーコンシェルジュFCの4つの特徴

「本部と加盟店の新しい関係 加盟店の現場全権」

マザーコンシェルジュのフランチャイズのシステムは、本部の優越的地位は存在しません。本部と加盟店との関係は目的意識、サービス方法などを共有する「ネットワーク型」の関係となります。
そのためマザーコンシェルジュの手法やイメージカラーは統一でありながらも、サービス技法や事業展開等は加盟店サイドの自由な裁量に任されます。
つまり加盟店オーナー様は、マザーコンシェルジュのノウハウを利用しながら、独自のアイディアや販売路線を使うことで売上げを伸ばすことができるのです。
しかも売り上げはほぼ加盟店のもの。加盟店は2店舗3店舗と拡大していく事が可能なのです。

加盟店がお客様へのサービスの中心です

「半径10キロの商圏 小回りネットワーク」

マザーコンシェルジュの事業方針は「SMALL COMPANY BUT BIG NETW0RK(小さな会社で大きなネットワーク)」です。一等地に大きな事務所を持ち、多数の従業員を抱える必要はありません。1人社長や夫婦のみの小オフィスで十分なのです。

大切なのは「地域の社会貢献」を共同目的としながら、小さな会社や個人が加盟店となって連携していくネットワークです。

そのためマザーコンシェルジュのフランチャイズは、本部としての優越的地域は存在しません。
その代わり加盟店オーナー様の独立性や自主性が重視されてきます。あくまで本部の権限は、ノウハウや商材の提供などの範囲に限定されます。
ですから加盟店のオーナー様は、地域の実状に合わせたプランやアイディアを最大限活かせる事が可能となります。

高齢者向け見守りアプリ Motherconcierge1.0
モデルケース

具体例①「在宅医療・介護の見守りシステム」

「見守りサービス」を使えば、在宅医療や介護等でご活用いただく事が出来ます。ご自宅に「見守りシステム」を設置したことで「高齢者」と「病院や家族」が24時間結ばれます。また老人ホームや病院などの施設で、ベット1床に1システムを設置すれば、患者様の状態を家族はスマートフォンを通じて外から見守ることが可能です。

具体例②「かかりつけ医サービス」

「見守りサービス」を使えば、お身体に不安を抱える個人様と地域クリニッ クとを結び、病気の早期発見や健康相談を行う「かかりつけ医システム」としてご利用いただくことが可能です。

具体例④「買物代行サービス」

買物が困難な高齢者様や病弱な方向けに、「商店街店舗」の商品を代行して購入し、ご自宅までお届けすることができます。

具体例⑤「不動産オーナー様向け」

賃貸不動産に「見守りシステム」や「家事代行サービス」を導入すれば、高齢者向けのサービス付住宅として入居率のUPが可能となります。 また女子寮など、オートロックだけでは心配な場合には、各部屋に「見守りシステム」を設置する事で安心住宅としてご利用が可能です。

専用WEBページを見る

児童見守りアプリ Motherconcierge2.0
モデルケース

具体例③「学習塾・教室の自宅学習サービス」

お子様向けに「ネット学習」「シッターサービス」としてご利用も可能です。

専用WEBページを見る

「パッケージ化で簡単・迅速」

マザーコンシェルジュのフランチャイズでは、加盟店オーナー様を段階的なステップで運営をサポートいたします。

「シード(開始前)」「アーリー(開始直後)」「ミッド(中期)」「レイター(晩期)」の4つのステージがあります。

それぞれのステージに基づき、サービス内容はもちろん、出店エリア、商品パッケージ、従業員教育、宣伝方法、サービス研修等を丁寧にご説明いたします。

ホームページの閲覧

•パンフレット(FC加盟案内書¥1000円)をお求めご覧ください。
•付属のカウンセリングカードで個別面談実施中!

説明会の参加

•FCシステムや加盟・運営方法、支援体制などを丁寧に説明いたします。
•個別面談で詳細な打合せを実施いたします。

加盟店契約

•加盟料45万円、保証金120万円が必要です。
•出店エリア、ビジネスモデルの設定。希望地を申し出てください。

店舗準備

・本部がリサーチした地域店舗を準備致します。
・賃貸、自宅兼事務所など身の丈にあった独自の店舗を準備。

従業員募集・研修・宣伝

・地域スタッフでサービス営業部隊を編成。
・商圏半径10キロのマーケティングに力を注いでください。

備品設営・商品搬入

・看板、システム商品の設営

オープニングセレモニー

・無事開業し、通常営業へ。

サービス開始

・スーパーバイザーが豊富なノウハウでサポート致します。

「お金を掛けないで利益を得るローリスク&ミドルリターンの徹底!」

マザーコンシェルジュのフランチャイズ「見守りネットワーク」は、需要が高く、しかも投資は少なく利益率が高いニュービジネスです。その事業方針は、「ハイリスク&ハイリターン」ではなく、「ローリスク&ミドルリターン」を追求しています。 つまり「不安定な大儲け」よりも、「安定した小儲け」を行うべきなのです。

人件費・設備投資を抑えて安定収入

独立や創業を行う場合、大きな金銭的リスクが出てきます。例えば飲食店の場合、店舗開業費や運転資金、人件費や仕入れ代など500万~1000万の資金が必要です。その場合は、自己資金や借入れなどで自分の力で資金を確保しなければなりません。
そして売り上げの中から毎月数十万単位を金融機関に返済することとなります。事業主は、大きなリスクを掛ければ大きなリターンはあるかもしれません。例えば3000万の設備投資をすれば、7000万、8000万の売り上げが実現できるでしょう。

しかし、逆に大きなリスクもあります。大きな設備投資が、大きな負債になる事もあるのです。地震や台風で店舗が破損。食中毒や病原菌の発生。近隣に競合店が出店。そして金融機関の貸し渋りや貸しはがし・・・。ビジネスは何が起こるかわかりません。
こうした予期せぬ出来事で、設備投資が回収できず大きな負債を抱える事になりかねないのです。だからこそ「ハイリスク&ハイリターン」ではなく、「ローリスク&ミドルリターン」をお勧めいたします。

「ローリスク&ミドルリターン」は、リスクを掛けて設備投資をせずに、ほどほどの収益を安定確保することを第一としています。マザーコンシェルジュの理念は、「末長く地元で事業を継続すること」を目的としています。地域のお客様に社会保障サービスを末長く行うには、やはり末長い安定経営が一番大切です。そのためリスクを削り20年、30年の中長期のスタンスで事業を続けてください。
家族や親子2代3代に渡って行うのもいいでしょう。そのためにはマザーコンシェルジュのフランチャイズ「見守りネットワーク」が最適です。
説明会でお待ち致しております!

お申込みはこちらをクリック

Copyright© 2014 マザーコンシェルジュ All Rights Reserved.